こんにちは、いずみんです。

先日東京に行った際にふと◯ッグカメラの方に立ち寄ってみたら
品薄で手に入りづらいあの商品が定価で売られていたのでつい買ってしまいました。



はい。こちらです。

今年の3月に販売されたニンテンドースイッチのマリオオデッセイ付きです。

僕自身ゲームが好きだったんで買おう買おうと思ってはいたものの
ネットでは定価プラス1万で売られていることが多くてなかなか買えなかったんですよね。
(Wii Uのときはこんなことなかったんですけどね)

本当に転売ヤーには困ったもんです笑

「いずみんも転売ヤーなんじゃないの?」

なんて声も聞こえてきそうですけど僕は転売ヤーではなく、せどらーなのであしからず。
※転売ヤーとせどらーの違いについては下記記事をご参照。

いずみんの取り組んでいるビジネス「せどり」とは?

本題に入りまして。

そもそもなんでニンテンドースイッチがここまで入手困難になっているのか?

入手困難になる商品は何かしらの理由があって人気になるからこそ
需要に対して供給が追いつかない状態になります。

実際に手にとって遊んでみたらその理由がよくわかったので
今回はそのことについて書きます。

ニンテンドースイッチはゲーム機の概念を覆した

下記は任天堂公式HPから引用したニンテンドースイッチのコンセプト。

「Nintendo Switch™」は、プレイシーンにあわせてカタチを変えるゲーム機。

いつでも、どこでも、気の向くままに、自由なスタイルでゲームを楽しむことができます。

いつでも、どこでも、気の向くままにという名前のとおり、
ニンテンドースイッチは本当に手軽にゲームを楽しむことができます。

今までの据え置きゲーム機の場合

小さい頃はゲームがとにかく大好きでした。

小学生の頃はニンテンドー64とプレステが主流だったんですが、
学校に帰るなりすぐに電源を入れて遊ぶほど熱中してましたね。
(マリオストーリーやドラクエ7をやりまくってました。)

今も好きではありますが小さい頃より熱中してやることはないですね。

なぜならある程度歳を重ねてくるとありとあらゆることが面倒になるからです。

何が面倒かといいますと・・・

①テレビの電源を入れる。

②ゲーム機の電源を入れる。

③コントローラーを手に取る。

この3つの動作をしないことにはゲームをプレイすることができないです。

どれかひとつでも欠けてはダメなわけです。

小学生の頃はなんとも思ってなかったんですが、
この歳になってくると面倒になってきたんですよね。(不思議なことに)

スイッチを買う前にはPS4しかなかったんですが、
ドラクエ11をやろと思っても上記の3つの動作が億劫になってプレイできないこともしばしば・・・

しかしながらこれが据え置きゲームで遊ぶ上でのいわば”常識”

それが嫌なら携帯ゲームで遊ぶしかない。

そういうもんでした。

一方ニンテンドースイッチは

①テレビの電源を入れる。

②ゲーム機の電源を入れる。

③コントローラーを手に取る。

据え置きゲームで遊ぶ上で欠かせない上記の”常識”。

その据え置きゲームの”常識”をニンテンドースイッチが打ち破りました。





「据え置き機でもあるが携帯ゲームでもある」

この言葉のとおり、あらかじめジョイコンを付けておけば・・・

①ニンテンドースイッチを手にとって電源ボタンを入れる。

たったこれだけでゲームができるようになってるわけです。
(しかも携帯ゲーム機とは比較にならないほどの高画質)

僕にとって今までゲームで遊ぶのが億劫だったあの三工程が
たったひとつの動作でできるようになった・・・

シンプルではありますがたったこれだけのことで、
今まで遊ぶのが億劫になっていたゲームが気軽に遊べるようになったんですね。
(だから僕がニンテンドースイッチで遊ぶときは必ず携帯モードからです。)

しかもすごいのがその時の気分に合わせてプレイスタイルを変えられること。

同じ姿勢で作業をし続けるのってかなりしんどいですよね?

僕はパソコンをノートとデスクトップ2台もってまして、
作業するときは座りたいとき、寝っ転がりたいときなど気分に合わせて2台のパソコンを使い分けてます。

これが従来の据え置きゲームだとそうもいかなくて、
必然的にあぐらをかいてするしかなかったんですね。
(寝っ転がりもできなくはないですけど首痛くなります。)

対してニンテンドースイッチは携帯で遊ぶこともできれば
従来通り据え置きでも遊ぶことができます。

携帯モードで寝っ転がってやり続けて

「あ〜大画面で座ってやってみたくなったな〜」

と思ったならスイッチを台の上におけばすぐに大画面でできるわけです。
(テレビの電源は入れる必要ありますがそんときは既にゲームをしたい気分になってます。)

「いかにゲームをやる気にさせるか?」

という任天堂の思いが遊んでいて伝わってきましたね。

ソフト面の充実もあるとは思いますが、
ニンテンドースイッチがヒットした要因はこの手軽さが一番の理由でしょう。

時代に合わせて進化していく

ニンテンドー64やプレステが主流の頃とは違って
今はスマホでもゲームができる時代。(しかも無料)

手軽さではスマホには勝てないから据え置きゲーム機は
その性能の高さで勝負していくしかありませんでした。

それでもプレイする三工程の面倒臭さや家でしかプレイできないという
障壁もあったんで据え置きゲーム機はこのまま衰退していくもんだと思っていました。

しかし、ニンテンドースイッチの誕生でこの考えは改まることになりました。

今までの常識を打ち破っていかにそのときの時代にあった価値を提供するのか?

それができる会社、しいては人材はいつの時代になっても食いっぱぐれる事はない。

ニンテンドースイッチを買って実際に遊んでみてつくづくそう思いました。

P.S
ちなみにですが僕はソニーアンチとかではないですよ笑
(ニンテンドースイッチを持ち上げたかたちになったので念のため)

VRの期待度は高いですし、
ソニーには是非ともそちらの面で頑張って欲しいですね。

進化したらもっと凄いことになること間違いなしですね。VRは。
(今はいわゆる黎明期というやつです。)



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。