こんにちは、いずみんです。

 

「会社をやめたら収益がなくなるから起業できない」

「貯金がないから起業できない」

 

脱サラして起業したいけど上記の不安から踏み出せないという方
いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そう思うのも無理はありません。

僕自身そう思ってましたし、
副業収入で生活できるだけの収益を得てから起業しようとしてましたから。

 

いろいろありまして副業収入0の状態でいきなり脱サラしたんですけど。
>※いろいろあったことについては下記記事をご参照

【第五話】僕は一部上場企業を2年で退職して起業家になりました。

結論からいうとなんのことはありませんでした。
(むしろ予定よりも早く自由になれてラッキーとすら思いました)

今回は僕が副業収入0の状態から脱サラして
ネットビジネスで食べていけるようになるまでについてお話していきます。

 

この記事を見ることであなたは、

「会社をやめたら収益がなくなるから起業できない」

「貯金がないから起業できない」

こういった悩みとは無縁になり、
より起業に対して前向きになれるでしょう。

収入>支出の原則さえ守れれば収入がいくらでも問題ない

会社員だろうが起業家だろうが生きていく上での大前提。

「収入>支出」

これさえ守ることさえできれば生きていくことができるわけです。

ここで重要なのがその支出が最低いくらになるのかを算出するということです。

 

■いずみんの場合

・家賃・・・4万2千円
(2DK。1Kだと狭すぎて気持ちが後ろ向きになるので
できるだけ広いところにしたほうが良い。)

・電気、水道、ガス・・・1万円
(季節によって変動はあるが大体これくらい)

・携帯+ネット代・・・1万2千円

・食費・・・1万円
(基本自炊。月に一度ご褒美の兼ね合いで外食するくらい)

・住民税・・・1万6千円
(これは予想外の出費でしたw)

・交際費・・・1万円
(服買ったり、会社員の友達と時々遊んだり)

合計・・・10万円。

 

つまり毎月10万円以上のお金をアルバイトで得ることができれば
生活は保証されるということです。
(一人暮らし男性の場合)

 

「月10万なんて学生の頃余裕で稼いでたわ!」
と脱サラ直後は不安ばかりでしたがこうして数値化してみると精神的に楽になりましたね。

 

国民年金は全額免除。(退職してたので簡単に通りました)
健康保険は病気になるリスクよりも金銭的リスクのほうが大きいと判断したので入らず。

健康保険については賛否あるかもですが僕は25歳と若かったし、
稼げるようになってから入ればいいと当時は思ってました。
(今は生活に余裕がでたので入り直しました。月3万くらい。)

おすすめのアルバイト

月10万円をアルバイトで稼げればいいわけですが、
昼の時間帯は一番集中できる時間帯なのでそこは起業に割いて
それ以外の時間、つまり早朝と夕方以降にできるバイトがいいかなと思います。

で、僕が当時やっていたバイトは新聞配達弁当宅配(週3)でした。

新聞配達

僕は◯日新聞でバイトしてました。

毎日3時〜5時までの2時間新聞配達して月の給料は6万円ほど。
配達に必要な原付は会社の方で貸し出してくれたので移動にこまることはありませんでした。
(雨の日がきつかったくらいです。)

最初は道覚えるのが大変でしたけど結局これも慣れですね。

 

何よりも良いのが面倒な人間関係の煩わしさが一切ないこと。

学生の頃にやってた飲食店は怖い先輩社員だったり、
悪質なクレームを言う客がいたりで胃に穴が飽きそうなほどストレスが溜まってました笑

新聞配達は道さえ覚えてしまえば
1人にしてくれるんで自分のペースで気兼ねなく働けましたね。

挨拶も出勤時の「おはようございます」
と退勤時の「おつかれさまでした」
この二言のみ。

 

人間関係のストレス0で生活費の半分を確保できる。

言うことなしでしたね。

弁当宅配(ピザでも可)

新聞配達で原付に乗ってたんで
他に原付乗れるバイトないかなーと思って始めたのが弁当宅配。

こちらは時給1000円で金土日の3日だけ。
17時〜22時までの5時間やってました。

1日やれば5000円なんで月6万の収入になってました。

 

なによりも普通に飲食店でバイトしているときよりも時間が早く過ぎるんですよね。
一度外に出て帰るまでに30分以上かかりますから。

こちらも配達中は1人だから人間関係のストレスはほぼなし。
(店長と個人的に仲良くなったんで飯おごってもらってました)

貯金までできて時間の確保もできた

新聞配達+弁当宅配で計12万円の収入を得ていたので
生活費を引いても毎月2万円貯金できるほど余裕がありました。

 

なによりのメリットは時間の確保ですね。

 

月〜木は新聞配達さえすればあとの時間は全部自由ですし、
弁当宅配のある金〜日でも17時までは自由なので。

通勤もなければ残業もありません。

空いている時間を全て起業のために使えるわけです。

 

理論上は1日14時間くらい使えます。

 

誘惑に負けて遊んだり休んだりしたとしても
会社員よりかははるかに時間は確保できますね。

はたから見たら大変そうに見えたかもですけど僕は楽しかったですね。

社会人として生きていく上では人間関係の煩わしさは
切っても切り離せないものだと思っていたんで。

 

生活が保証されていてかつ起業のために全ての時間を
使えたので楽しくて楽しくて仕方なかったです。

肝心の起業の方も右往左往しましたけど
結果半年で時給1万円達成して今はアルバイトもやめて
当時よりも更に時間と精神的自由を得ることができました。

まとめ

というわけで別に貯金がなかろうが副業収入がなかろうが
脱サラして起業に成功することは可能です。

僕が実際にやったんで。

その人のライフスタイルや地域によって必要な生活費に差はあると思いますがその場合でも、

「収入>支出」

この原則を守ることができれば問題ありません。

 

一時的に生活レベルが落ちるでしょうけど
それは成功するための充電期間だと思ってがんばってください。

半年程度の充電期間なんて短いもんですよ。

 

「会社をやめたら収益がなくなるから起業できない」

「貯金がないから起業できない」

 

僕自身こんな悩みをもっててなかなか前に踏み出せませんでしたが
いざ脱サラしてみたら大したことはなかったです。

結局行動するかしないかがすべてなんだということを悟りました。

行動するなら今が最高のタイミングです。



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。