こんにちは、いずみんです。

今回のテーマは人生の質を上げる「美味しい食べ物」について。

あなたは普段何を食べていますか?

 

コンビニ食、ジャンクフード、ファミレス、チェーン店など手間やお金がかからないもので済ませていたりしないでしょうか?

 

確かに時間に追われ、お金のないサラリーマンにとっては、

手軽に食べられるコンビニ食や飲食店の食べ物はこの上ない味方のように見えます。

 

実際、僕自身もサラリーマンの頃はそういったものをよく利用していましたので、

その気持ちは非常に良く分かります。

 

が。

 

結論から言うと、そういった食べ物って食べれば食べるほど、

その人自身のパフォーマンスがどんどん下がっていって、総合的な人生の質が下がっていくんですよね。

 

大阪に引越して本当に美味しい料理を食べるようになってから、つくづくそう思うようになりました。

 

美味しい食べ物の本当の意味とは?

あなたは美味しい食べ物と聞いてどんなものをイメージしますか?

 

「そりゃあ、味が良い食べ物に決まってるじゃんw」

「最近はコンビニの弁当も、ものすごく美味しくなってるし全然問題なくね?」

 

こう思われた人もいるかもしれません。

確かに最近のコンビニやファミレスの料理は味自体はものすごく良くなっています。

自炊をするよりも手間がかからず味の良い食べ物をどこに行ってもたべられるようになってきました。

 

・・・が。

 

そういう料理って確かに味自体は美味しいのですが心が全く満たされないんですよね。

ただ単に腹を満たして終わるみたいな。

例えばコンビニ弁当。

 

コンビニ弁当は工場で作られてますけど、その工場で働いている人たちって、一体どういう気持ちでコンビニ弁当をつくっているんですかね?

 

「あ〜はやく仕事終らねえかな〜」

「なんで俺こんな流れ作業なんかしてるんだろう・・・」

 

こう思いながら作ってることでしょう。

愛情が全然こもってないんですよ。

そしてそれを売っているコンビニ店員も。

 

「いらっしゃっせー」

「◯◯円になりますー」

「ありがとうございましたーまたお越しくださいー。」

 

なんて言ってますけど、全部棒読みです。

別にありがたいともなんとも思ってないし、また来て欲しいだなんて微塵も思っていません。

 

「あ〜さっさと帰って遊びてえなあ〜」

 

こう思いながら仕事してるわけです。

そんな人達の感情がまったくこもってない食べ物を食べても満たされるのはお腹だけ。

3大欲求の食欲を最低限満たすだけのものにすぎないんです。

全然心って満たされないですよね?

食事というものは決して腹を満たすためだけにするものではないんです。

 

人間が1番気軽に幸せな気分を味わえる瞬間って食事をしているときなんです。

 

その人がどういう信念でその料理を作って、

食べた人にどんな気持ちになってほしいのかを心の底から考えて作り出された料理を食べる。

 

これってめっちゃ心満たされて幸せになるんですよ。

これが本当の意味で美味しい食べ物ですよ。

美味しい食べ物を食べているときに払っているお金って、払っているという感覚がありません。

 

「こんなに美味しい食べ物を食べさせてくれて本当にありがとうございます!」

 

っていう感謝の気持ちをもってお金を捧げます。

めっちゃ清々しい気分になります。

本当に美味しい食べ物を食べたときの心の満たされ感は異常

僕が大阪に引越して来て1週間がたちますが、大阪に来てからずっと通っているお店があります。

ファミレスとかチェーン店のように、化学調味料とか抗生物質を全く使用していない無農薬、無加工の食材のみを使った定食屋さんです。

その食材もどこの人がどんな思いで作っているというのが掲げられています。

食材の出処や生産者の思いが語られているだけでも普通の食事とは違った感覚になるんですが、

もっと素晴らしいのはそこで実際に働いておられる方。

 

「おお〜いずみん今日は早いね〜」

「ちょっと米が余ったけえ、おにぎり握ったよ〜。まだ若いんだからたくさん食べんさいや〜」

 

ファミレスやチェーン店のようにただ機械的に接客するのではなくて、

お店に来た人全員の顔と名前を覚えて家族と同じように接してくれるですね。

 

そんな人たちが作る食べ物ってめっちゃ愛情こもってるんですよ。

愛情がこもった食べ物は最高にうまい。

そして最高に美味しい食べ物を食べたときのパフォーマンスの上がり方も半端ない。

 

食べた後は眠くなる。

なんて言葉がありますけど、それはその食べ物が体のエネルギーを奪ってるんですよ。

 

エネルギーを奪われて、眠ることで回復しようと脳が判断するから眠気が発生するわけです。

つまりいくら美味しくても、食べた後眠くなるような食べ物は、全部自分からエネルギーを奪ってるということですね。

 

本当に美味しい食べ物というのはエネルギーを奪いません。

 

パフォーマンスが上がると同時に心も満たしてくれます。

あなたにとって最高の美味しい食べ物はなんですか?

あなたが今まで食べた中で最高に美味しい食べ物って何でしょうか?

思い返してみて下さい。

 

それは決してコンビニ食やファミレス、チェーン店に出てくる料理ではないはずです。

 

お母さんが握ってくれたおにぎりとか、

地獄のようにきつい部活動を終えてみんなで食べたご飯とか、

結婚したての嫁さん旦那さんが心を込めて作ってくれた料理とか、

いろいろあるはずです。

 

最高に美味しい食べ物には何かしら人が関わっているんです。

 

赤の他人ではない親密な関係な人の。

美味しい食べ物を食べた後どんな気持ちになりましたか?

決して眠くなんてならないはずです。

心がふわっとして頑張ろうという気持ちになってたはずです。

それが本当の意味で美味しい食べ物ということです。

 

そんな美味しい食べ物を毎日食べたら、めっちゃ人生の質上がると思いませんか?

 

僕は広島から大阪に引越してまだ1週間も経ってませんけど、

たった1週間でも心の満たされ具合や、仕事のパフォーマンスが段違いに上がっているのが分かります。

 

普段何気なく済ませている食事。

その食事の質を変えるだけで心が満たされ、パフォーマンスが上がっていきます。

食事にお金を惜しむのはめっちゃもったいないです。

 

ぜひぜひあなたの近所で愛情を込めて料理をしている、美味しい食べ物のお店を探してみて下さい。

美味しい食べ物を食べ続けると本当に人生変わります。

P.S

これからの世の中では、ただ単に価格だけを、

有用性としての価値を追い求めるという考え方では生き残れなくなっていきます。

買う側であろうと売る側であろうと同じことです。

「有用性の価値とはなんぞ?」と思われた方は、

「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」という本に詳しくのっているので参考にしてください。

書評:経済初心者でも分かる「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」の要約と感想



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。