こんにちは、いずみんです。

僕は小さい頃に母を亡くしたことがきっかけで、
お金を稼げない=悪であるという認識をもって生きています。
(現在進行系です。)
※母親の死については下記記事をご参照。

【第一話】母の死。お金がなければ生きられないと知った少年時代

高校生になった頃からどうすればお金を稼げる人間になれるのかを
常に考え続けるようになってきました。

「資格をとれば手当がもらえるからウハウハだよ!」

その言葉を信じて大学時代はひたすら資格取得に力を入れてきました。

全ては少しでもお金を稼げる人間になるために。

そんな当時の僕の姿を見ていた人や、
会社に入った後にそんな状況を聞いた人から決まって言われることがありました。

「お前そんなに金が欲しいのかよ!金の亡者じゃんwww」

・・・と。

金の亡者。

少しでもお金の話題を出せば決まってこう言う人がいるので、
あなたもこの言葉を言われたことがあったのではないでしょうか?

世間一般ではお金を稼ぐこと=悪という風潮になっていますが、
僕はこれは完全に間違いだと思っています。

今回はお金を稼ぐことについて述べさせていただきます。

そもそも金の亡者とは?

金の亡者とはそもそもどういう意味なんでしょうか?

ひたすら自己の利益を追い求めるさま

こういう意味らしいですね。

金の亡者と批判する人たちは、
「自己の利益を追い求める=お金を欲しがる=悪」
という認識をもって批判を行っているようです。

ただ、ちょっと待って下さい。

そもそも自己の利益を追い求めるのって悪いことなんでしょうか?

「お金なんて関係ないよ!」

「俺はそこまでお金欲しいとは思わないなーw」

なんて言ってる人たちは給料無しで仕事をするのでしょうか?

・・・

しないですよね。

無給で喜んで仕事をしたい人なんてまずいません。

こんなことを言っている人に限って心の中では、

「俺の会社はなんでこんな給料が少ないんだよ・・・」

そう思っているに違いありません。

飲食店で無料で料理を提供していたら、
そのお店は1週間も経たずに潰れるでしょう。

美味しい料理を提供する。

その対価としてお金をもらう。

なんら悪いことではありません。

生き残る上でごく普通に行われている当たり前のことです。

むしろそれで得たお金で、
さらに美味しい料理を作るための足かせになるのだとしたら
願ったりかなったりではないでしょうか。

自己の利益を求めなくなるということは、
自ら死の宣告をするようなもんです。

会社のトップが利益を追求しなくなったら
確実にその会社は潰れて社員は露頭に迷います。

「いかにしてお金を稼いで会社の利益を上げるか?」

「得られた利益をいかに社員に還元するか?」

そう考えている人たちが批判の対象になるのでしょうか?

もしなるのだとしたらとっくの昔に日本はなくなってますねw
(むしろ利益を社員に還元しようと考えているトップのほうが少ないか・・・)

子育てのためにお金を稼ぐことは悪ですか?

某インターネット掲示板より。

子育て中でもお金を稼ぎたいです。

現在、生後2ヶ月の息子と、旦那さんと3人で暮らしています。
生活はギリギリで、以前は貯金もできず、毎月なんとか±0で生活してきました。

しかし、息子が産まれてからオムツ、お尻ふき、子ども用品、
学資保険にお金がかかり、さらに家族3人になったので国民健康保険の額も上がりました。

はっきり言ってお金が全く足りません。

児童手当が月に15000円もらえますが、全然足りないのです。

子供のことを考えて、これからは少しずつでも貯金しながら生活していきたいです。

あなたはこういう悩みを抱えている人に対してでも
「金の亡者やな~」と思うでしょうか?

この質問者さんのように

「今の稼ぎだけでは生活がギリギリであり、
子供の将来を考えるととても足りない!」

「だからお金が欲しい。その手段を知りたい!」

こう考える事っておかしいのでしょうか。

非難の対象になるのでしょうか。

・・・全然そんなことはありませんよね。

これから先の未来税金が上がることはあっても下がることはまずありません。

質問者さんの旦那さんがどれほど昇給するのかはわかりませんが、
少なくとも現状を維持していて好転することもないでしょう。

むしろ自らの家庭の状況をかえりみて現状を打破しようと考えて行動をしている。
(正確にはどう行動しようか悩みを打ち明けている)

素晴らしいことじゃないですか。

この質問者さんにはぜひとも自らもっている価値を最大限に提供して、
幸せな家庭を気づいてほしいものです。

何も後ろめたいことはありません。

むしろ安売りに飛びつく人たちのほうが・・・

「いやいや!金の亡者ってのは自分のことしか考えていない奴らのことだよ!」

なんて声も聞こえてきそうですがここで金の亡者の意味をもう一度おさらい。

ひたすら自己の利益を追い求めるさま

改めて見てみると金の亡者って少しでもお金を節約しようと、
タイムセールやら無料キャンペーンに群がる人たちにこそ当てはまるんじゃないでしょうか?

「ドミノ・ピザの騒動から学んだ時間とお金の使い方」
って記事でも同じようなことを書いているんですが。

果たしてこの人達は他の人たちに価値を提供しようと考えているのでしょうか?

「ひとつ買ったら無料!?こりゃあ行かなきゃw」

「よっしゃ~お金節約できたわ~。」

自分のことしか考えてないですね。

行列に並んでいる間もさっさと自分の番になってくれと思っているに違いありません。

僕からしたら安売りに群がって時間を無駄にしている人ほど
非難の対象になるべきだと思います。

まとめ

お金を稼ぎたい。

こう考えることは全く悪いことではありません。
(むしろ安売りにつられて時間を犠牲にするほうが悪です。)

独学でやろうとすると時間がめっちゃっかかるんで
誰かの教えをこうことをおすすめします。

ただどうお金を稼いだらいいかわからない人たちに対して、

「簡単に稼げる情報教えますよ~」

「ボタンをポチポチするだけで稼げますよ~」

なんて甘い言葉で誘惑してお金をだまし取る詐欺師もいます。
(その甘い言葉に騙されてお金を騙し取られる人はほんとに多いです。)

どういう仕組みでお金を稼ぐことができるのか?

それを理解した上で自分にとって信用できる人を見つけ教えをこうことをおすすめします。



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。