こんにちは、いずみんです。

 

突然ですがあなたはメンタルは強い方でしょうか?

僕はかつて「わたあメンタル」と呼ばれるほどのメンタルの弱さを兼ね備えておりました。

わたあメンタルというのは、豆腐よりもさらにもろいメンタルの持ち主のことです。

豆腐よりもやわらかい、「わたあめ」と「メンタル」をかけているわけですね。

まあ、それはおいといて、

 

そんなわたあメンタル僕でも、今ではちょっとやそっとのことではへこたれないほどの、強いメンタルを手に入れることができました。

ある程度の人生を生きていると、

「自分の人生の質はメンタルの強弱にかかっている」という結論に行きつきます。

ただ、その肝心なメンタルをどうやって鍛えていくのか説明してくれる本ってあまりありません。

 

そこで今回は豆腐メンタルだった僕が実際に取り入れた「メンタルの鍛え方」についてお伝えしていきます。

これの考えを理解し、実行することであなたはメンタルが強くなるだけでなく、

 

・無駄なエネルギーを使わなくて良くなる

・ひらめきが起きやすくなる

・集中力が上がる

などのメリットを得ることができ人生全体の質を高めることができます。

あっ先に言っておきますが、

 

「怒られ慣れることでメンタルを鍛えろ!」

 

みたいな根性論は言わないんで安心してください笑

 

強いメンタルの本当の意味とは?

強いメンタルを持つ点において多くの人が勘違いしやすいことがあります。

 

メンタルを強くすると言うと、煽られ耐性をもつ、やる気を出す、興奮させる、アドレナリンがでている状態のように連想する人もいるかもしれません。

 

例えば、セミナーで講師のお話を聞いた後は、すごいやる気になって興奮したりしませんか?

確かにセミナーの講師の話を聞いた直後というのはアドレナリンがでている状態なので、メンタルが強くなったような気がします。

 

ただそのアドレナリンって1週間くらいたつと下降気味になってきて1ヶ月もたつと元通りになっていつも通りの生活をおくることになります。

 

「一時的にでもアドレナリンがでているのならいいんじゃないの?」

 

そう思われる方もいるかもしれません。

が、メンタルを鍛える本質的な方法なのかと言われたら全く違ってくるのです。

 

また、起業家でいうと、売上が先月より上だとすごい喜んで、下がると一気に沈んだりするんですね。

これって一番やってはいけない負けパターンを持つメンタル状態なんですよ。

このときのメンタル状態は感情のぶれが非常に激しい状態になっています。

 

実は、このぶれ幅に比例して、メンタルが消耗し、これが幸福度の低下にもつながっているのです。

 

本当にメンタルが強いというのはやる気があってもなくても関係なくパフォーマンスを出せるということなんです。

 

そして、生きているでもそういう状態を目指していくべきなんです。

 

つまり、メンタルの落差を縮めて、1日の中でのメンタルの平均値を上げることが大切なんです。

これが強いメンタルを作るということです。

 

強いメンタル作りに重要な1日のメンタルの平均値を高めるとは?

 

強いメンタルの理解を深めるために反対に、弱いメンタルというのは何かを説明します。

 

ここにおいて弱いメンタルというのは、感情の波が非常に大きい人のことをいいます。

 

例えば、この感情の波の低いところに「怒り」「憎しみ」があり、反対に、高いところに「嬉しい」「楽しい」という感情があるとします。

 

この感情の波の大きさに比例して、メンタルはダメージを受けるのです。

 

つまり、メンタルが強いというのは、この感情の波が少なくなっていくということです。

全体で見て感情の波が安定している状態、これが、強いメンタルということの定義になります

なので、1日の全体でのあなたメンタルの平均値はどのくらいなのかを常に考えてほしいのです。

 

その平均値のことを「メンタルのコンフォートゾーン」といいます。

 

では、このメンタルのコンフォートゾーンをあげるためにはどうすればいいのか?

 

これから説明していきます。

メンタルのコンフォートゾーンを上げていくためにやること

いままでのあなたが慣れ親しんだメンタルの状態があるとしましょう。

 

人は慣れ親しんだものに安心感を覚えます。

 

ここで問題になってくるのがその慣れ親しんだメンタル状態から離れることに激しい抵抗感を覚えるようになっているということです。

 

僕がいろんな人の話を聞いていく上で、「お金を稼ぐことに罪悪感を感じる」と言う人が結構います。

こういう人って今まで貧相な生活を送っていたために、1日中怒ったり、悲しんだりして将来のことを心配するのが当たり前になってきて自分のコンフォートゾーンが低いところにあるんですよ。

 

「貧相な生活から抜け出したい!でも、そんな生活自分に実現できるんだろうか・・・」

「仮に稼げて貧乏から抜け出せたとしてもまた転落してしまうのではないだろうか・・・」

 

と、自分が思い描いているはずの幸せな状態に対して、抵抗感や恐怖を感じてしまうんですよね。

このような感情が一日の時間を通して長くなっていると沈んでいる状態が長くなるのでメンタルの平均値が下がってしまいます。

 

そしてその下がったメンタルの平均値の場所があなたの人生の質そのものになってしまうのです。

逆に考えてしまえばこのメンタルの平均値を見直して改善することであなたの人生の質が向上します。

 

よって、まずは、一日を通してどんな感情が費やされているのかを再認識することが大切な一歩となります。

 

メンタルの状態は蓄積されていく

 

メンタルのコンフォートゾーンが低い状態にあるときとは、自分が馬鹿になっている状態なんです。

 

自分が馬鹿になると自分にとってマイナスにしかならないようなことをするようになります。

 

そして非生産的な時間っていうのがどんどん増えていく状態です。

意味もなくyoutubeみたりとか、SNS開いたりとか、まとめサイトみたりとか・・・

明らかに作業効率が下がっていきますよね。

 

1日で見ればそれほど、大した時間の差はないかもしれません。

ただ、塵も積もれば山となるという言葉があるようにそれが1カ月、1年とか10年と積み重なってきたらどうでしょうか?

1日2時間を無駄に費やしたとしましょう。

10年経ってしまえば7300時間もの膨大な時間を無駄にしたことになります。

 

約300日ですよ?

 

300日あったら何ができるんですかって話です。

メンタルのコンフォートゾーンが低いばかりにこれだけの人生の質の差が出てくるということなんですよ。

 

裏を返せばメンタルのコンフォートゾーンが高ければより良い状態が蓄積されていきます。

 

この蓄積に応じてメンタルが強くなってきて、いつでもひらめき、動け、いいパフォーマンスが出せるという状態になっていくのです。

強いメンタルを作るカギとは!?

 

以上、メンタルの平均値を高めることの重要性のお話をしてきました。

これから、そのメンタルの平均値を高めるための具体的な方法のお話をします。

 

強いメンタルをつくるたった2つの方法とは、

・自分の最低ラインを引き上げる

・自分の最高ラインを引き上げる

たったこれだけです。

 

これをすることであなたのメンタルの平均値は上がっていき人生の質も高まっていきます。

 

「最低ラインと最高ラインってそもそも何なんだよ?」

 

って声も聞こえてきそうなのでそちらも解説していきますね。

最低ラインを引き上げる

最低ラインとは何なのか?

まずそこから説明しますね。

 

最低ラインとは自分が「本当に」苦手意識を持っている部分のことです。

 

「本当に」ってのが重要です。

 

人間って自分自身の癖を他人に指摘されて初めて気づくように、常日頃から意識しなければ本当の苦手意識が分からないんですよね。

なのでまずは自分がどこに無駄な行動をしているのか、どんな癖があるのかを意識することから始めて、そこを集中して改善していく必要があります。

 

悪い癖を見つけ次第まず順次修正していくこと。

 

これが最低ラインを引き上げるということです。

 

最高ラインを引き上げる。

最高ラインってのは自分自身の得意なところ、長所ですね。

そこを見つけ、さらに引き上げるという話です。

 

こちらは単純に自分自身の得意なところや長所を徹底的に磨きます。

 

そしたら、それほど得意ではなかった部分も一緒に底上げされていくんです。
(吊り橋効果というやつです。・・・違うかw)

 

最低を引き上げる例

 

ここでは、具体的に、メンタルの改善の手順を”家の掃除”と例えてお話していきます。

 

例えば、家の中の最低ラインとは、家の中で最も汚いところです。

家の中で汚いところというとどこを思い浮かべますか?

・・・まあ1番先に思いつくのがトイレでしょうね。

排泄物を垂れ流すトイレはバイ菌の宝庫なんで。

 

でも実はお風呂の排水溝とか、流しの排水溝もめっちゃ汚いんですよ。

お風呂の排水口や流しの排水口は普段隠れていて人目には見えないですよね?

 

日々生活を送っていて、自然と汚れていくようなところを意識して丁寧に掃除します。

 

こうすることで最低ラインが自然と引き上げられていきます。

「では最高ラインは・・・?」

って疑問がでてくるかもですがそこは考えてみてください。

良い頭の運動になりますよ。

ぶれないメンタルを維持するために、やっていること

・自分の最低ラインを引き上げる

・自分の最高ラインを引き上げる

この2つを実行することができれば自然とメンタルが強くなっていきます。

 

・・・ですが一度強くしたメンタルはそれっきりずっと維持されるということはありません。

 

放っておいたらたちまち豆腐メンタルに逆戻りです。

 

次にするのはその強いメンタルの状態の維持時間を長くするとうことです。

強いメンタル状態を維持するためにどういうことをやるかというと・・・

「この時間だけは自分のメンタルが絶対に強い!!!」

という時間を作るんですよ。

 

そうすると感覚がぶれにくくなります。

人間っそんなに強い生き物じゃありません。

目先の損得のことを考えたり想定外の出来事が起きてくるとたちまちメンタルは崩れていきます。

メンタルの平均値が下がってしまったら、また、一気に上げる時間が必要なんです。

 

では、具体的にどのようにメンタルを高めていくのか?

 

例えば、僕が大阪に引越して知り合った起業家の方の場合だとその方は毎朝お寺でお祈りしてます。

その人曰くお寺で祈っている間だけは、研ぎ澄まされたような感覚になってきて、目の前の現実や細かいこととかがどうでもよくなってくるほどの時間になってくるみたいです。

要するに自分以外のものに意識を向ける時間を毎日取れってことです。

そしてその時間を長くすることで自分のことを考える時間が減っていくのです。

 

これを毎日やるだけで、強い状態のメンタルの時間が長くなっていって、これが蓄積されていくのです。

 

そしたら絶対メンタルの平均値が上がります。

 

メンタルの平均値が上がることで人生の質そのものを向上させることができるようになります。

前までは事あるごとに揺さぶられていたメンタルが何の影響も受けなくなってきます。

 

「そんなん嘘だろwww」

 

と思う人がいるかもしれませんがそう言う人こそやってなかったりするんですよね。

これはやった人にしかわかりません。

やった人にしかわからないご褒美のようなもんです。

自分はメンタルが弱いなと思ったら、ぜひこれをやってみてください。

 

これを1ヶ月でも継続してやってみたら嘘みたいに強いメンタルができあがります。

豆腐メンタルだった僕が言うので間違いありません。

ぜひ、実際に取り入れて強いメンタルというのをインストールしてみてください。

 

P.S

冒頭に書いたバイトの面接に落ちた件については下記記事で詳しく書いています。

落ちるはずのないバイトの面接に10回落ちてしまってメンタルがボロボロになった当時の僕の心境が事細かく記載されております。

バイトの面接に落ちた方へ。僕は10回落ちました。



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。