こんにちは、いずみんです。

昨日、日刊SPAにこんなニュースがありました。

↓↓↓
「年収1000万円超を捨てて独立した男の末路」

まあ要するに、
年収1000万円稼いでいたサラリーマンが、

「サラリーマンやって1000万稼げたなら
独立しても同じくらい稼げる!」

と、何の根拠もないまま独立して年収が下がってしまったという記事です。

独立して3年で年収が上がるどころか右肩になっているので、
サラリーマン時代からしたらとんでもない誤算になっているかと思います。

この記事を見て僕は、
何の根拠もない独立ほど無謀で怖いものはないとうことと、
独立前の勉強がいかに大事かということを再認識しました。

会社で年収1000万稼いだところで何なんですか?

>会社の肩書と自分の実力を混同したことが、失敗の理由なのかもしれない。

記事の最後に書いて有ることなんですがまさにこれなんですよね。

確かに、サラリーマンで年収1000万円稼ぐことは相当すごいことです。

サラリーマン全体で4.3%程しかいないほどなので、
実力もさることながら相当努力されていることと思います。

が、それはあくまで会社からもらっている給料が
年間1000万円を超えているだけにすぎないんですよね。

どれだけ努力しようがどれだけ実力をつけようが、
それは会社に所属しているからこそ得られる収入であって、
その収入が独立後に得られる根拠なんてどこにもありません。

むしろ下がる要素しかありません。

会社という媒体で大手不動産会社の店舗責任者という肩書をもって得ていた1000万。

その媒体と肩書を捨てて同じ収入を得られると考えていたのであれば
それはあまりに無謀と言わざるを得ません。

自分という商品の価値は独立後はほぼ0。

独立は会社に縛られることなく好きなように仕事して
好きなように遊んでいるというイメージがあるかもですが、
実際はそんな生活をおくれている人はごくごく一部です。

何の根拠もなく独立した大半の人は、
働いても働いても豊かになるどころか、
全くの無収入、アルバイトをしていたほうがマシというレベルの人がゴロゴロいます。

会社を辞めて自分という商品を売り込もうと思っても、
初対面の人にはほぼ相手にされません。

今まで会社で勤めてきて積み上げてきた実績も独立してしまえば
何の役にもたちませんからね。

現にこの記事に登場している人も、
以前から付き合いのある取引先の紹介で仕事しているみたいですし。

これって全然自分の実力じゃないんですよね。

独立後の自分の価値はほぼ0です。

アフィリエイトが開始して収益化に半年以上の時間がかかるのと同じようなもんです。

楽天とかAmazonとか違って、
全くの無名でコンテンツがない0の状態で商品を売ろうとするんですから。

そりゃ売れるわけもないし稼げるわけもないですよという話。

「今まで俺は楽天で商品をこんなに売ってきたから、
自分のブログで商品を紹介しても売れるはずだ!」

と言ってるようなもんですよ。

売れるわけ無いでしょ。

仲間と一緒に独立することほど危険なことはない

>一緒に会社を立ち上げたメンバーも成績は大同小異。

1番の失敗原因はこれですね。

「独立するのに仲間が必要ないたった2つの理由。」
という記事でも書いているんですが、
仲間と一緒に独立するのは失敗の黄金パターンなんですよ。

何人で独立したのかはわかりませんが最低人数の二人だとしましょうか。

最低人数の二人でも、

「俺が脱サラするタイミング今が最高のタイミングだ!」

とうまい具合にタイミングが合う確率って何百分の一ですか?

絶対にどっちかがはやかったりおそかったりするわけです。
(そもそも独立に向いてなかったり)

それを差し引いても、
稼げる根拠もない状態で仲間と一緒に独立したら、
どんなに仲が良くても報酬で絶対に揉めます。

タダで働きたい人なんていないので。

僕の学校の先輩で二人仲良く独立した人がいましたが、
案の定うまくいかずに報酬で揉めて修復できないほどの関係になった人もいます。

独立直後に新卒を雇う余裕なんてこれっぽっちもない

>新入社員を雇っても、自分たちのことで精いっぱいなので育てることもままならない。

で、これ。

自分たちのことで精一杯なのになんで新卒を雇うのかが意味不明ですね。

新卒なんて雇っても会社の利益に貢献できる人材になるのには
どんなに優秀な教育をしても1年はかかります。

どうしても人手が足りないのなら雇うべきは即戦力でしょう。

教育する暇ないのなら尚更です。

そもそもの話。

自分が働かないと成り立たないビジネスは、
非常に脆いものだということを認識しなければなりません。

どれだけ収益が上がろうと、
自分が病気になったり事故になった瞬間に、
そのビジネスは成り立たなくなって収益は一気にゼロになります。

僕がせどりの月商を200万に維持しているのもこれが理由です。

やろうと思えば月商600〜700万(月収150万円程)にすることだって十分に可能です。

が、それはあくまで自分が動いてこそ成り立つ収入です。

事故にあって体が動かなくなればたちまち収益はゼロになってしまいます。

そういった最悪の状況を危惧して僕は、
せどりの月商を1日1時間の労働で月商200にしておいて、
別の収益源を作るべく活動しています。

自分も含め人に頼り切ったビジネスというのは非常に危険なものなんです。

独立前にはするべきは勉強のみ

というわけで、
記事に出ていた人が独立に失敗するのは必然であり、
サラリーマンで稼げたからといって独立後も同じように稼ぐのは無理だという話でした。

とまあここまでが何の準備もせずに独立した場合の失敗パターンですね。

独立した人の中には、
年収1000万どころか億稼ぐ人だっているわけです。

今回の独立に失敗した人と独立後に億稼ぐ人との決定的な違い。

それは何か?

・・・

独立するための勉強をしていたか否か。

これだけですね。

サラリーマンと独立ってのは別世界なんです。

20年以上サラリーマンやってきたところで、
そんなノウハウのほとんどは独立しても役にたちません。

なら学ぶべきは独立しても生きていくための知識。

これに限ります。

僕が独立して収益を落とすことなく、
10ヶ月後に月収50万円(1日1時間労働)に達することができたのも、
サラリーマン時代に独立のことを勉強していたからに他なりません。

勉強して成功するという確信を得て
独立したから成功するのは当たり前ということです。

20年以上サラリーマンやって50歳寸前で独立して3年で年収600万。

2年間しか会社で働かずに1人で独立して10ヶ月で月収50万円。

それだけ差がつくほど独立に向けた勉強は重要ってことです。

「勉強しようにも何で勉強したらいいかわからないしお金もそんなにない・・・」

そんな方にまず僕がおすすめしているのが、
加藤将太さんの「次世代起業家育成セミナー」ですね。

ぶっちゃけこれだけ学んでものにできれば成功なんて楽勝なんで。

「次世代起業家育成セミナー」については
別途レビュー記事を書いてますんで参考にしてみてください。
(当時僕は1万円で買いましたが期間限定で無料になってます。)

起業して時給2万円を達成した教材をレビュー。定価1万円だったのに無料になってた件。



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。