こんにちは、いずみんです。

 

いよいよプロ野球が開幕しましたね。

カープファンとしては三連覇&日本一を祈るのみです。
(早速開幕戦も制してくれて嬉しい限りです。)

先日、僕と同じカープファンであり、
今年に結婚を控えている友人に会ってきました。
※下記記事に登場するA君です。

結婚して仕事を辞められずに振り回される世の中じゃ・・・

カープや結婚式のことなどいろいろ楽しく話していたのですが、
いつのまにか将来設計の話しになっていきました。

 

A君はパソコンを起動してとあるエクセル画面を僕に見せてきました。

 

そこにはA君家の将来の収入や支出の予定が90歳まで書き込まれていました。

 

その予定表によるとA君夫婦は70歳まで定年で働き、(70が定年になること想定)
退職後は退職金と年金をもらいつつ貯金を食いつぶしながら暮らしていくみたいです。

年収は毎年少しずつだが上昇し、
子供を二人産んで90歳まで生きたとしてもなんとかなるレベルに。

 

毎年使えるお金が決まっているので、
1円もはみ出さないようにしっかりと家計簿をつけて管理します。

 

A夫婦(まだ夫婦じゃないけど)は今後このエクセルに記載された
数値に従って生きていくみたいです。

 

A君「起業家なんていう不安定な立場にいるいずみんには
なかなかこういった計画はたてられんと思うけど、
このエクセルの数字を見てたら俺安心してきたんだわ^^」

 

と僕に自慢げに話してきました。

 

まあA君がこういった計画をたてる気持ちはわからんでもないです。

ただでさえ不景気で老後が不安な世の中なので。

自分の現状を分析して数値化するという行為は、
成功には欠かせない行為なのでその点に関してはA君を尊敬したいと思います。

 

・・・が、
残念ながらA君のしている努力は無駄としかいいようがなかったです。

 

結論を言ってしまうと、
ライフプランを数十年単位で設計することには何の意味もありません。

 

ライフプラン通りの収益を得られる保証がどこにもない。

A君夫婦が僕に見せてくれたエクセルの収益を得るためには・・・

 

 

A君夫婦が働いている会社がA君夫婦が70歳になるまで潰れることなく、

会社の業績と同時に給料が右肩上がりになっていき、

子供も含めてA君家族が一度も事故に合うことなく、

犯罪行為にもまきこまれることもなく、

お金の価値そのものが現在と一緒であり、

年金、退職金も今の基準で貰えなければなりません。

 

 

これらのうちどれかひとつでもなくなってしまえば、
たちまちA君の計画は破綻してしまいます。

まあ事故や犯罪行為に巻き込まれる可能性なんて、
そうそうあったもんじゃないので心配することもないでしょう。

 

しかし、ただでさえ倒産する会社が増えている中、
A君夫妻が勤めている会社がずっと続く根拠は何もありません。

お金の価値も下がる要素こそあれど、上がる要素は見当たりません。
※お金の価値が下がるということに関しては下記記事で詳しく解説しています。
→「【書評:経済初心者でも分かる「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」の要約と感想】」

 

根拠があって計画を立てているならまだしも、
特に何の理由もなしにたてているとのことなので、
A君夫婦の立てたライフプランは限りなく負けそうなギャンブルとなっています。

時代は10年単位でコロコロ変わっていく

A君は90歳(2082年)までのライフプランを作って安心しきっていましたが、
これって第二次世界大戦真っ只中の最中に2000年頃までの予定をたてているようなもんですからね。

 

当時戦争を経験していた人たちが今の時代の生活を想像できなかったのと同じように、
そんな先の未来を想像しても仕方がありません。

5年程度なら大して変わらないと思いますけど、
10年後となるとどうなっているか想像がつきません。
(ITの進化がすごいので)

 

今でこそみんなスマホ使ってますけど、
10年前なんてガラケーが主流でしたからね。

 

今よりももっと便利な技術やサービスが登場して、
仕事もなくなっているかもしれません。

リーマンショックのような世界の経済打撃や、
東日本大震災のような災害がおこらない保証もありません。

 

A君夫妻の、

「これからの世界は変わることなくずっと現状維持のまま」

というありえそうもない前提のもと立てたライフプランに
ただ従っていくのはあまり賢い選択とはいえません。

収入が会社の給料だけという謎

A君夫婦の話を聞いていて1番不思議だったのが、

「収益が会社からの給料だけ」

という謎の大前提があったことです。

 

支出の部分はなんとか工夫して減らそうとしているのが、
会話していて伝わったのですが、
なぜか収益を別の手段でコントロールするという発想がありませんでした。

 

会社からの収益や税金は自分で思うようにコントロールすることはできませんが、
副業等、自分の力で稼げる金額はいくらでもコントールできます。

 

月1回しかない給料だけでやりくりする必要もなければ、
支出に関してケチケチすることもなくなります。

会社の給料以上に稼いで退職してから、
嫁さんやいずれ産まれてくる子供のために時間を割くという選択肢もできあがります。

 

退職するまではいかなくても、
旅行に行く回数を増やしたり美味しいもの食べたりして、
幸福度を上げていってもいいじゃないですか。

 

副業が解禁されつつある世の中なのに、
わざわざ収益を会社の給料だけに頼ろうという思考は僕にはいまいち理解できません。

まとめ

 

・世の中の常識やルールは今後どんどん変わっていく。

・生きている限りは何かしらの障壁がやってくる。

・支出と同じように収入も自分の頑張り次第でコントロールできる。

 

 

これらのことを考えると、
自分の現状だけを見て数十年単位でライフプランを立てても意味がありません。
(あらかじめ自分で決めた支出額の枠内で生きていくなんて楽しくないでしょうし)

 

A君は僕の大学時代からの数少ない友達です。

そんなA君には幸せな人生を送ってほしいと思っています。

 

僕は4月から大阪に行ってしまうので、
今度A君に会えるのは11月の結婚式になります。

 

それまでにもっと収益を上げて、
A君にネットビジネスの無限の可能性について伝えていけたらと思います。

 



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。