こんにちは、いずみんです。

「本当はやりたくないけどかわいそうだから・・・」

「自分が引き受けることで相手が楽になるなら・・・」

あなたはこんな感じに情に流されてしまって
引き受けたくない物事を引き受けたことってありませんか?

僕は何度もあります。
(そしてそういったときに限って嫌な出来事がおきたりします。)

当時の僕は情に流されやすい人間だったので
相手の困った顔を見たりするとなんとかして助けてやりたいと必死になってました。

僕が大学生の頃女の子(結構かわいい)から
クリスマス空いているかって聞かれたんですよ。

「おっ!?俺にもとうとう春がきたのか(*^^*)」

と思って元気よく

「空いてるよ!」

って言ったらバイトを変わってほしいっていわれたんですね^^;

当時僕は6連勤でバイトをいれててクリスマスは唯一の休みでした。

その日もバイトなんてしたら13連勤になるから
体力的にも精神的にもものすごくしんどいから最初は断ったんですよ。

そしたら・・・

「でもぉ、彼氏とデートの約束しちゃって・・・
どうしても行きたいんですよぉ~。ダメですかぁ???(上目遣い)」


なーんて言われたんでついつい情に流されて引き受けたんですよね。
(てか彼氏いたんかい!って思いながら)

「ありがとうございます!このお礼は必ずさせてもらいますね~」

その言葉に期待して唯一の休みも返上してクリスマスも出勤したんですけど、
その日は先輩社員の機嫌がいつも以上に悪くていつも以上にどやされたり、
悪質な客に絡まれたりするなど散々な目にあってしまいました。

しかも後輩(結構かわいい)が言っていたお礼は5年たった今でもされていません。
(ただ単に後輩にうまい具合に利用されてしまったというわけです。)

今思えば情に流されて行動するというのは自分の首を締めていただけだったんですよね。

今回はそんな過去と今日起きた出来事を踏まえて
情に流されて物事を判断してはいけないということをお伝えしていきます。

人手が足りないから復帰してくれとバイト先に言われましたが

本日未明、寒い中こたつでぬくぬく過ごしてときに
かつて僕がバイトしていた新聞会社の社員さんからこんなメッセージが届きました。



僕が辞めたのと他のアルバイトが
緊急入院してしまって人手が足りないから復帰してくれないか?

とのことでした。

別のブラックバイトをしてたときは代わりはいくらでもいるから
さっさとやめろといわれたことがあるだけに
人から頼りにされるというのは嬉しいものです。
※僕が経験したブラックバイトの詳細については下記をご参照。

ブラックバイトなんて辞めちまえ!いずみんが30分でやめたバイトの話



以前の僕なら

「マジか!ただでさえ人手が足りない新聞配達なのに
緊急入院者が出るなんてすごい大変な状況じゃないか。
こりゃ手伝わないといけないなあ!」

と頼られることの喜びと情に流されて新聞配達のバイトを再開していたことでしょう。

ですが僕は断りました。

時間的自由があるのにもかかわらず
「仕事の都合上できません」と言って無情にも断りました。

その判断が自分にとってマイナスにしかならないなら断るべし

「そんな!ひどい!」

「恩を仇で返すなんて最低だな!」

こう思った人もいるかもしれません。

ですが、今の僕には新聞配達のバイトを再開する理由がないのです。

起業したてでお金がなかった頃は生活費を稼ぐために始めた
新聞配達のバイトにはお世話になりました。

お世話にはなりましたが今の僕はすでに電脳せどり(と新たに始めたビジネス)で
税金を払っても十分暮らしていけるだけの収益があります。

それなのにこんなくそ寒い季節に(0度前後)
2時半に起きて2時間配達するのは割にあわないんです。

そんな早い時間に起きるとなるとその分早く寝ないといけなくなります。

配達後の体力と精神的負担を考えると
その後のパフォーマンスにも影響がでることは間違いありません。

月収100万円を達成するために行うべき作業にも支障がでるでしょう。

つまり、僕が新聞配達を再開するという判断をすることは
僕にとってはマイナスにしかならないのです。

マイナスにしかならないと分かりきっているなら出すべき答えは「NO」一択です。

以下の記事でも紹介したときのように
確かにアルバイトは生活の保証+時間を確保するためには最適の手段です。

貯金ゼロ副業収入ゼロの状態でノーリスクで起業する方法



ですが復帰したところで所詮アルバイトはアルバイトです。

正社員のように昇給もなければ有給もなければボーナスもありません。

そもそもバイトをはじめるときにも

「半年間でお願いします。」

とお互いに同意した上で始めて
予定通り半年で辞めたのですから契約上何の問題もありません。

結論:情に流されて物事を判断してはいけない

あなたは今後生きていく上で人から物事を頼まれることがあるかと思います。

そんなときは情は後回しにしてその物事を引き受けることが
どう自分に対してプラスになるか考えるようにしてください。


僕は大学のアルバイトの他にもついつい情にながされて
他人に大金を貸してしまったこともあります。
(そして返ってきませんでした)

「これでこの人の助けになるなら!」

と思って行動したことで自分が被る必要のなかった損失を被ることに
なるでしょうし、相手もそこまであなたに感謝をしないでしょうから。

今まで情に流されて判断して行動した結末と
今回の出来事でつくづくそう思いました。



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。