こんにちは、いずみんです。

あなたは今の自分の成果と他人の成果を比べてしまって
落ち込んでしまうタイプでしょうか?

「あの人は副業であんなに稼いでいてすごい!
それに比べて自分はまだ1円も稼げていない・・・」


「あの人はあんなに成績がテストの成績が良くて羨ましい!
それに比べて自分は赤点ばっかりとってしまう・・・」

とまあこんなふうに「◯◯に比べて」が口癖になっていて
勝手に比べてして落ち込んでふてくされてしまうという。

僕もよく人と比べて勝手に落ち込んでいた時期があったので
その気持ちは非常に良く分かります笑

挙句の果てには、
「自分には才能が無いから・・・」
と成果が出せない理由を正当化しようとすらしていました。

結論から言っておきますと、
「あの人に比べて」
を口癖にして他人と自分を比べて劣等感を抱くほど無駄な事はありません。

今すぐに辞めるべきです。

人と比べる人は心の底で認めてもらいたいと思っている。

そもそもな話ですが他人と自分を比較している時点で、
自分を認めてもらいたいという承認欲求が働いています。

僕がせどりでなかなか成果が出せなかった頃、
既に月商100万円を達成している人と話す機会があったときに。

「◯◯さんはせどりで月商100万円達成していてすごいですね~。
それに比べて僕は全然ですよ・・・」

とまあこんな感じで弱音を吐いておりました。

それに対してその人は、
「いやあそんなことないですよ!いずみんさんならきっと大丈夫です^^」

と励ましてもらって元気をもらっていました。

が、今思えば弱音を吐くという行為自体が
他人との比較であって慰めてもらうことを期待していたんです。

「今の自分が成果を出せていないのは才能がないからだ。」

と思っている反面、

「もし自分に才能があれば成功できるんだけどなあ」

とも思っていてそれを他人に認めてもらいたいがために弱音を吐いていたのです。

いやあ本当にしょっぱいやつですね。
(そもそも才能がないと成功できないと考えている時点で)

弱音をはかれる側だって
「成果が出てないのはお前の努力不足だよwww」
なんて本音が言えるわけがありません。

最大限その人を傷つけないように、
なんとかやる気を出してもらうと思って神経を使って励まします。

その人は僕と話している間に無駄なエネルギーを相当使っていたわけですね。

わざわざ時間を見つけて話してくださった
その人のエネルギーを無意識に奪っていたわけということです。

今思えば本当に申し訳ないことをしたなと思います^^;

比較している他人はどれほどの努力をしているのか?

「あの人は自分よりも年下なのにせどりで稼いでいてすごい。それに比べて自分は・・・」

せどりはじめての自分は既に成果の出ている人のブログを
見つけては勝手に比較して落ち込んでおりました。



いやいや当たり前じゃんw


はじめたての人がすでにやっている人に勝てるわけがありません。

「せどりで月商500万円!」
とか
「アフィリエイトで月収100万円!」
とか言っている人だって最初は0です。

次世代起業家育成セミナー主催者。加藤将太さんの懇談会に参加しました。
って記事でも書いているんですが今でこそ多大な成果を出している人も、
0の状態から取り組んで並大抵ではないほどの努力を積み重ねて今の成果をだしているんです。

「物販で最大月商500万円(利益100万円)の売上を叩き出し、
今は片手間月商250万円で自由を満喫されている元サラリーマン。」

上記の人も最初は朝の8時から夜の11時までひたすら仕入れられる商品を探し続けていました。

せどりに取り組み始めた当初は時給300円を切っていたらしいです。

それでも諦めずに努力をし続けた結果片手間で月商250万円になるほどになったのです。

「10万円の教材を自動で月4〜5本売って不労所得を得ている現役サラリーマン」

この人も最初に稼いだ報酬はブログの記事を1年更新し続けて稼いだアドセンス報酬111円です。

3人の子持ちであり仕事もしているという時間のない中でも、
明朝2時半に起きて出勤の時間まで作業をするという生活を半年以上続けて今の成果を出しています。

かつての僕と同じように他人と比べて劣等感に陥ってしまう人は、
大抵その人の「成果」だけみています。

「なんとか時間をやりくりして1日30分作業しているけど成果が出ない」

なんて言ってもそりゃ当然の話ですよというわけです。

「いずみん式電脳せどり」のノウハウも1日1時間の作業。
時給1万円をコンセプトにしてコンサル生に提供しています。

が、それはあくまでも最終的に目指すラインです。

最初はある程度まとまった勉強時間をとってもらって
せどりの本質について学んでもらっています。
(0から始めるのなら尚更)

「多大な成果を出した人はそれ相応の努力をしているのであって、
今の自分の成果と比べるものではない。」

これ鉄則です。

昨日の自分と比べて成長できているかどうかで判断しましょう

「それでも比較しないことには自分が成長してるかどうかわかんないじゃん・・・」

という方は比較対象を「他人」ではなく「自分」にしてください。

他人と比べるのはキリがありません。

仮に追い越せたとしても更に大きな成果を出している別の人と
比べてしまってまた劣等感に走るという負のスパイラルに陥ります。

「昨日は30分しか作業できなかったけど今日は1時間作業できたぞ!」

「先週は1万円の売上だったけど今週は3万円売り上げたぞ!」

これ立派な成長じゃないですか?

数字は小さくても毎日が昨日の自分を超えられる努力ができる、
成果が出せるのであれば言うことはありません。

昨日の自分を超えられるように常に少しずつ前に進んでいきましょう。

それを意識できれば理想の生活を送るのはそう遠い未来じゃありません^^



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。