こんにちは、いずみんです。

 

あなたは「逃げ」ということ言葉に対してどう思いますか?

 

「逃げるなんて行為は許されない!諦めずに最後までやれよ!」

「途中で諦めて逃げるなんて情けないことだな!」

 

上記のように「逃げ」=「悪」というお考えをお持ちでしょうか?

僕もかつてはこのようなことを思っておりました。

学生の頃の部活動においても、就職活動においても
途中で諦めて逃げることは絶対悪であるという考えを持って生きてきました。

 

最後の最後で会社を辞めて逃げてしまいましたが笑

 

でも会社を辞める際には自分の中ですごい葛藤がありました。

「これって逃げなんじゃないだろうか?」

そう思っていました。

 

実際他の人からみたら「逃げ」そのものだったでしょうね。

が、今振り返ってみればそもそも「逃げ」=「悪」という
考えそのものがナンセンスだったなと思います。

今回は某インターネット掲示板に寄せられたお悩みを元に
逃げることの大切さについてお伝えしていきます。

逃げるが勝ちである。逃げずに続けてどうなるの?

某インターネット掲示板より。

居酒屋のような所で働いています。

店長のあたりが強く、
自分のためだとわかっているのですがやはり精神的に辛いです。

 

「なんでそんなに遅いんや」

「できんのんだったらもう帰れ」

「シフト少なくなってもいいんか」

 

このような言葉をバイトに行くたびに言われかなり参っています。

プライドが強くこんな事で辞めたくないと今まで頑張ってきました。

ですが日を増すごとに店長の暴言がひどくなっていき、
もう顔も見たくないほどになってきました。

もうこんなバイトは辞めたいと思っているのですが、
こういった考えは逃げになるのでしょうか。

・・・。

うーん。何から言えば良いのやら。

 

結論から言うとこんなバイトはさっさと辞めるべきです。

質問者さんがバイトを辞めること自体は何も悪いことではありません。

「逃げやがった」と言われようが、
「情けないやつだ」と後ろ指をさされようが知ったことじゃありません。

 

>プライドが強くこんな事で辞めたくないと今まで頑張ってきました。

 

この考え自体が悪いわけではありません。

自分の信念もつらぬいており素晴らしいことだと思います。

ですが今回の例ではこのブライドが逆に質問者さんのクビをしめています。

 

これはもはや「いじめ」のレベルです。

学校でいじめられている人が我慢し続けて報われることはまずないです。

それと同じようにこの質問者さんが、
日を増すごとにひどくなっていく店長の暴言に耐えてバイトし続けた
ところでいったい何が残るというのでしょうか。

暴言に耐え抜く忍耐力でしょうか?

そんな力を身に着けたところで時給は1円も上がりません。

むしろ忍耐力が付くまでに精神が破壊される可能性のほうが高いでしょう。

 

もしもこの質問者さんが、
「ここで辞めてしまったら逃げたと思われたようでシャクだ!」

なんて思っていたならそれは間違いです。

つらい部活動の練習を逃げずに耐え抜いて、
その結果大会で優勝するとかそういうのなら分かります。

ですが今回の例では部活動とはそもそも次元が違います。

 

もう一度言います。

さっさと辞めて逃げましょう。

洗脳のような研修をする会社からはすぐに逃げろ

日本の教育のせいなのかわかんないですけど、
「逃げ」=「悪」という考えは社会でも着実に浸透していますよね。

むしろそのように洗脳していると言ったほうが良いでしょうか。

有名どころとしては「餃子の王将」の研修。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

僕が高校生の頃にリアルタイムで見ていたんですが、
狂気の沙汰としかいいようがないですね。

2:22~からは立派な洗脳です。
(茶番劇としか言いようがないです。)

番組自体がこの研修を好意的な目線で取り上げているところにも驚き。

 

こんな仕打ちに耐え抜いた先に一体何が待っているのでしょうか?

 

毎日の売上ノルマに怯えながら、
狭い店舗の中で1日の大半を過ごす人生でしょうか。

餃子の王将の労働環境の実態はわかんないですけど、
こんな研修をしている時点でブラックな感じが・・・

客から見てもこんな大声で挨拶されても逆に鬱陶しいだけ。

 

実際餃子の王将に行っても普通の飲食店と同じ挨拶なところ、
大声を出させているのは洗脳が第一目的な気がしてなりません。

僕だったらこんな研修をやらされた瞬間に、
トイレに行くふりをしてさっさと帰宅します。

 

「ブラックバイトなんて辞めちまえ!いずみんが30分でやめたバイトの話」
って記事でも書いたんですが働けるところなんていくらでもあるんです。
(特に今の日本企業のほとんどは正社員不足)

 

教育という名の洗脳なんてする会社を辞めたところで、
そこの上司や同僚に後ろ指をさされる程度です。

そんなん痛くも痒くもありません。

 

会社辞めたら関わることなんてなくなるんで。

 

実際僕も会社を辞めたら同僚や上司からパタリと連絡こなくなりましたw

その会社という枠を外れたらもう赤の他人なんですよ。

何も後ろめたいことはありません。

まとめ

逃げずに頑張り続けた結果どうなるのか?

 

こう考えてみて自分の理想でないのならすぐに逃げましょう。

逃げは悪いことでもなんでもないです。

今思えば僕の人生は勉強においては逃げませんでしたが、
働くということに関しては二度も逃げています。
(ブラックバイトと会社で)

 

でも全然後悔なんてしていません。

 

もし僕が「逃げる」=「悪」という考えを曲げずに、
ブラックバイトを続けていたら精神が崩壊していたでしょう。

会社を続けていたらこんなに
時間的自由のある人生なんておくれていないでしょう。

 

「肝心なところで逃げて本当に良かった!」

 

起業して自由な生活を手に入れた今つくづくそう思います。



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。