こんにちは、いずみんです。

 

世間一般では労基法なるもんが結ばれてまして、
月の残業時間は45時間が規則となっとります。

在籍していた会社も平均残業時間は40時間で、

「ちゃんと労基法守ってますよ〜」

とアピールしておりました。

 

・・・まあその残業時間はあくまでデータ上なんですけどね笑

 

「若手には」やさしめの会社だったんで、
僕自身は45時間以上残業することはありませんでした。
(それでもスレスレでしたけど)

それでは上司(仮にCさんとしておきます)はというと・・・

これはまあ悲惨というべき労働環境でした。

 

その残業時間たるや200時間という狂気の数字を叩き出しておりました。

200時間・・・

過労死ラインが80時間と言われているので、その2.5倍。

 

その生活は思わず絶句するほど凄まじいものでした。

会社への泊まり込みは当たり前。

平日は残業1日6時間。休日も出勤して8時間以上作業。

食事はコンビニから買ってきた菓子パン貪りながら
パソコンをカタカタと鳴らす。

当然会社内にも風呂はないので、
3日たってようやく近くのネカフェのシャワーを浴びる始末。

家→会社→家。

どころじゃありません。

 

会社。会社。会社。(時たま家、ネカフェ)

 

日に日に充血していく目や、
痩せていく頬、ボサボサになっていく髪は見ているだけで
その壮絶さが伝わってくるほどです。

 

「Cさんは一体何のために生きているんだろうか・・・」

 

こう言いたくなるほどCさんは奴隷といっても過言ではない
生活を送り続けていました。

短期プロジェクトだったのでそんな地獄のような生活は1ヶ月で終わりを迎えました。

プロジェクトが終わった後のCさんの
嬉しいのか悲しいのかすらわからない顔立ちは今でも忘れることができません。

無理がたたったのかデスマを終えたCさんは
体調を崩して1週間ほど休暇をもらっていました。
(むしろよくプロジェクト期間中に倒れなかったなと思います。)

 

・・・でこっからがおかしい話。

休暇を終えて戻ってきたCさんと休憩時間話してたんですが・・・

僕「Cさん200時間も残業したんですから残業代えぐいことになりますよね?」

 

当時新人の僕の残業単価が1時間1600円ほど。
一方Cさんは勤続20年のベテラン。
正確な金額はわかりませんでしたが少なくとも僕の倍はあったに違いありません。

 

3200✕200=64万。

 

おいおい。自分の三ヶ月弱分の給料じゃないか。。。
Cさんは一体何買うんだろうなー。

そう思い聞いてたんですが、
その次にCさんが放った言葉に僕は衝撃を受けました。

 

「いや、俺残業0時間で申請してるから残業代は出ないよ。」

 

・・・

 

「・・・はい?」

 

つい素で聞き返してしまいましたw

詳しい理由は話してくれませんでしたが、
なんとなく察することはできました。

 

世間一般で労基法が結ばれている手前、
全員の平均残業時間を45時間に抑えないと、
部署の評価が下がってしまうのです。

当然その平均残業時間には上司の残業時間も含まれます。

 

・・・つまりはそういうことなんでしょうね。

そんなCさんの姿勢が評価されたのか、
その年の終わりにCさんは最高評価を得て無事昇格を果たしました。

昇格を果たしたCさんは年収1000万コースの土台に乗りました。
世間一般でいう勝ち組です。

 

しかし、いくら評価のためとはいえ、
自分の命を削ってまで残業時間を0にするCさんの姿勢にはどうにも賛同できませんでした。

しかも残業を申請しなかったのが一番の評価点って・・・

まるで残業を申請するのが悪いことのように。

 

将来自分が昇格をする際にも残業を申請しないことが一番の評価点となってしまうのか。
そこまでして会社に居座り続ける意味があるのだろうか。

そもそも200時間に比べたら45時間って少なめに見えますけど普通に多いですからね。

 

思えばこの頃から僕の頭の中には「起業」という二文字が浮かんでいたのかもしれません。

残業しない=頑張ってない。

と評価されるのもおかしいですが、

残業代を申請しない=素晴らしい。

と評価されるのは狂気の沙汰と言わざるを得ませんね。

 

起業してしまえば残業時間という概念はありません。
いい意味でも悪い意味でも結果の全てが自分に返ってきます。

Cさんもあの地獄のプロジェクトを完遂できるほどの力があったのです。

起業家として活動していれば、
時間的にも金銭的にも圧倒的に有利になっていたのではないかなとつくづく思います。
(ただCさんは会社の評価を第一にしていたので、
起業家として成功できるのかと言われたら疑問ですが・・・)

※残業については別途記事を書いています。

残業を無駄にやって賞賛される風潮はほんとにクソ喰らえ



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。