こんにちは、いずみんです。

あなたは通勤するときに電車を利用していますか?

僕自身会社員時代は電車で通勤してましたけど、そこは乗車率180%超えの満員電車

あの空間に耐えながら仕事場に向かうってのは正気の沙汰じゃないなと今でも思います。

片道の通勤時間は1時間半。

1日のうち3時間はぎゅうぎゅう詰めの電車に捧げておりました。

大半の社会人にとっては、
行きたくもない会社に1歩ずつ迫っていく通勤電車。
(通称社畜運搬機)

その通勤電車での過ごし方を変えると人生を180度変えることができます。

自分が会社に雇われることなく稼ぐ力を身につけることができたのも
この通勤電車の過ごし方を変えたからといっても過言ではありません。

あれほど乗りたくなかった通勤電車も今となっては感謝をするほどです。

電車で通勤しているあなたも是非今回の記事を見て
有意義な時間を過ごせるようになっていただけたらと思います。

大半の人は通勤電車をどう過ごしているのか?

死んだような顔で電車に乗り込む人の大半は普段どう過ごしているのか?

電車の過ごし方ランキングなるもんがあったんでのせます。
あなたはいったいどこに当てはまるでしょうか。

3位:読書をして過ごす

第3位は読書。

正直な感想、これが3位か〜。

1位であってほしかったです。

もしあなたがこれに当てはまるのなら、
ぜひともこの読書を続けてください。

片道30分だとしても、
1日で1時間読むことができます。

2〜3日あれば標準の厚さの本を1冊読めます。

1週間あれば、2冊以上の本分の知識を身につけられる。

これって長い目で見なくてもしない人と比べてものすごい差をつけられます。

「いやいや、本なんて別に電車じゃなくて家で読めばいいじゃん。」

って思ってる方、実際に仕事から帰ってから読書ってできるでしょうか。

ついついテレビを付けてしまったり、
スマートフォンをいじったりしてしまうのではないでしょうか。

家に帰って寝るまでの時間を読書にあてるってのはなかなかできないと思います。
(読書が趣味なら別ですけど)

「会社に着くまで30分しかない!」

・・・のように時間制限があるほうが返って集中できるもんです。

食べ放題の時間も制限があるから精一杯食べようと頑張るわけです。
(20後半になると時間内で腹いっぱいになってしまいますが笑)

ディズニーランドだって8時〜22時という時間制限があるからこそ、
精一杯楽しもうとするわけです。

「限られた時間で精一杯頑張る。」

これは雇われようがそうでなかろうが、
成果を最大限に出すためにまず意識しなければならないことです。

それを知識という形で身につけられる読書は、
理想の電車の過ごし方といえるでしょう。

ただ、電車を見渡してみると読書をしているのは中年のサラリーマンや
お年寄りの人が大半な印象ですね。

2位:寝て過ごす

意外にも寝て過ごすのが2位みたいですね。

なんで意外かっていうと、
そもそも電車の中じゃまともな睡眠なんてとれないんじゃないかなと。

僕自身も電車で何度か寝ようとしたことありましたけど、
家で取るような睡眠は無理ですね。
睡眠は横になってとりたいですし。

3位の読書は限られた時間でするからこそ成果が最大限でます。

でも、睡眠に関しては時間制限があると
質の良い睡眠をとるのって難しいんですよねえ。

昼の時間帯には15分ほどの昼寝が推奨されてますけど、
通勤時間帯って朝と夜ですからね。

その時間帯に寝てしまうと返ってパフォーマンスが悪くなるとか。

「ああ、あと◯◯分で会社か・・・」

こんな気持ちで睡眠にのぞんでもまともな睡眠はできずに
だいたい目をつむってしまうだけで終わりです。

1位:スマホをいじる

1位は予想通りのスマホ。

周りを見渡すと8割は(ほぼ若年層)ひたすらスマホいじってます。

とはいってもスマホをいじるだけでもこれだけの種類があるかと。

SNS・LINEのチェック

一番無駄な行動といっても差し支えないのがSNSとLINEのチェック。

Twitter、フェイスブック、インスタそしてLINE。

シュッシュと指をスライドさせては、友達の近状をさらっと確認。

そして、自らのアカウントもほぼ仕事の愚痴や
先日の優雅な過ごしの自慢のために更新する。

・・・まあ現実逃避したい気持ちもわかりますけど、
それこそ家でもしているであろう行動。

時間制限のある電車の中で過ごすのは勿体無いですね。

スマホゲー

SNSのところと同類かと思ったんですけど分けました。

というのもスマホゲーには課金という悪魔がありますからね。

僕自身、ゲーム自体は好きなんですけど、
課金しないと強くなれないスマホゲーはどうにも好かないんです。
(その点ドラクエ11は本当に素晴らしい)

友人の中には給料のほぼ全てをパ◯ドラに費やして、
通勤電車中にガチャ回ししてる人いましたけど・・・

それだけの時間とお金を自己啓発に回すことができたらと
考えたら本当に勿体無いなと。

そのスマホゲーも仕事の合間や帰った後でもしてるわけですから、
時間制限のある電車でするべきではないなとつくづく思います。

音楽を聞く

イヤホン(もしくはヘッドホン)で自分の好きな音楽を聞く人も多いです。

音楽を聞くだけの人もいれば、
それに加えてSNSとスマホゲーを両立する人も。

リラックスできるのであれば生産性がないとはいえなくもないですが、
結局これも現実逃避に近いかなと。

とりあえず音漏れだけは辞めてください笑。

その他

もちろんスマホは遊びをするための道具ではありません。

今では資格勉強のアプリもありますからそれで勉強している人もいるでしょうし、
中にはニュースサイトを見て自分の仕事やビジネスに活かしている人もいるかもです。

それは紛れもなく生産性のある行動であり、読書の次に推奨されますね。

明日からの通勤電車をどう過ごすかであなたの人生が決まります。

僕は起業を検討してから退職するまでの1年間、
通勤電車の時間をひたすらビジネス成功のための勉強に費やしました。

片道1時間半なので1日3時間。

それを週5で15時間。

1ヶ月で60時間。

1年間で720時間にわたる膨大な時間を全て勉強に費やしたんです。

その勉強があったからこそ僕はビジネスを失敗させることなく、
加速させることができています。

これも時間制限のある通勤電車の過ごし方を変えたおかげです。

通勤電車での過ごし方を生産性のある行動に変えたことで、
人生も180度変えることができたわけです。


はじめはみんなゼロです。

ゼロだからこそ少しでも多くの勉強時間を確保して勉強していくしかありません。

この記事を読んだあなたが次に乗る通勤電車でどういう行動をとるのか。

何にせよ生産性のある行動をとれるようになれば、
人生が好転してくことは間違いないです。



ブログランキング参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ クリックしていただけると励みになります!

いずみんの無料メール講座を受けてみませんか?

やり方は簡単、下の画像をクリックしてメールアドレスを入力するだけです!

僕のメール講座を受講することであなたは…

副業収入0の状態で脱サラ起業
10ヶ月で時給2万円を達成、教え子も半年で時給1万円を達成し、
脱サラさせた「いずみん」による
「あなた」が一度しかない自分の人生を”最高に楽しむ"ことを
実現するための戦略やノウハウを知ることができます。
講座は無料ですし、今ならメルマガに返信していただければどんな内容にも返信致します。

メールアドレス等の個人情報を外部に公開するいうこともございませんのでご安心下さい。